loader image

給湯管凍結破裂修理|茨城県坂東市

給湯管凍結破裂修理|茨城県坂東市

給湯管凍結破裂修理|茨城県坂東市 1920 2560 水漏れ、つまりの修理ならエスピーアールへ!|水道局指定工事店

茨城県坂東市に「給湯管が凍結破裂した」というご依頼で修理に行ってきました。

ここ数日、関東でも水道管の凍結破裂が多発しています。
ほとんどが屋外露出となっている管の破裂なのですが、中にはご自身では気づかずに隣人に指摘されて発覚したケースもありますので、ご自宅に露出配管がある場合は念のためチェックしてみたほうが良いかもしれません!

今回は給湯器から浴室、台所へと繋がる銅管の破裂でした。

凍結破裂部

凍結破裂部

漏水補修テープなどを使用し応急処置をされていたのですが、水漏れは完全には止まっていませんでしたので、お客様と相談して最小限の範囲で一部配管の交換を行うことになりました!

給湯管一部更新(修繕)

交換予定の範囲の銅管の被覆を剥いてみたところ、破裂した箇所以外にも複数箇所に膨張などの変形が見られました。
明らかに変形している箇所からのやり替えは難しいので、変形がなく傷みの少ない所から切断しました。

凍結破裂した周辺配管

凍結破裂した配管

傷みが顕著な配管を撤去

傷みが顕著な配管を撤去

続いて切断した銅管に新しく接続する樹脂管との変換継ぎ手(ワンタッチ接続)を取り付けるのですが、台所側の既設配管は見た目では分からない程度に膨張していたようで変換継ぎ手が取り付けできませんでした。
サイジングツールを使用して管径を修正したのですが、こうなるとワンタッチの継ぎ手では後々の不安が残る(気持ちの問題かもしれませんが)ので少し方法を変更して銅管側はろう付けで継ぎ手を接続しました。
その後給湯器まで樹脂管を配管して通水。
保温材を巻いて無事に完了しました!

新しい配管

新しい配管

予定よりも修繕範囲が広がり、足らない部材の買い出しに行ったりしていたので思ったより時間がかかってしまいました。
今回新しくした配管の先にもまだ既設の露出銅管部があるので、今後の寒さしだいではいたちごっこになってしまう可能性もあります。
ですのでお客様にはその旨をお伝えし、できる限りの凍結防止措置を実践するようにお願いしておきました。
簡単な凍結防止対策などについてはこちらで紹介しています。
寒冷地でもないのであまり需要はありませんが、ご予算が許せば水抜き栓を設置するのも一つかもしれません。

この寒さの中お湯が使えないのは致命的です↓
お客様にも喜んでいただけたので良かったです!

急な漏水でお困りの方はお気軽にご相談ください!

    フリーダイヤル・年中無休(営業時間 8:00~19:00)
    COMPANY

    ■店舗名:エスピーアール(SPR)

    ■代表者:鈴木 悠司

    ■定休日:年中無休

    ■営業時間:8:00〜19:00

    ■所在地:埼玉県さいたま市南区円正寺506-10