loader image

当店の水漏れ修理について

当店の水漏れ修理について

当店の水漏れ修理について 1999 1338 水漏れ、つまりの修理ならエスピーアールへ!|水道局指定工事店

吹き出す水道水エスピーアール(以下当店)では水まわりの水漏れに関して、その状態やご使用年数はもちろん、お客様のご予算やご事情も踏まえた中で最善と思われる解決策をご提案させていただいております。

今回は当店で承っている水漏れ修理の一部をご紹介したいと思います。

1.蛇口の修理、交換

ご家庭内の水漏れ修理の中で1番多いご依頼です。
症状としては主に以下のようなものがあります。

(1)口からポタポタ水漏れ
蛇口の水漏れでは定番の症状です。
ハンドルやレバーを閉めても水が止まらずポタポタと漏れてしまいます。
原因はパッキンやシングルレバーカートリッジの不良です。
(2)蛇口本体からの水漏れ
こちらもよくある症状の1つです。
ハンドル式とシングルレバー式で原因や修理方法は異なります。
シングルレバー式の場合ですと、レバーの開閉に関わらず漏れ続けることがありますので特に注意が必要です。
(3)シャワーホースからの水漏れ
キッチンや洗面などの蛇口ではシャワーホースが引き出せるタイプのものが増えてきました。
このシャワーホースは普段収納内に垂れ下がった状態になっていて、シャワーホースやその接続部から水漏れを起こすと収納内から床へと水漏れが広がります。
気づきにくい水漏れでもありますのでホース引き出しタイプの蛇口をご使用の場合は定期的なチェックが必要です。
(4)水が出っぱなしまたは出ない
ポタポタではなく全開状態で水が止まらなくなったり、逆に全く出なくなるという症状です。
ハンドル式の場合でもあり得ますがどちらかというとシングルレバー式や浴室のサーモスタット式混合栓で多い症状です。

今は主流となっているシングルレバー式やサーモスタット式の混合栓は耐用年数が10年程度とされています。

当店では一部を除き蛇口修理、交換のいずれも対応可能です。
対応の可否や可能な場合のリスク、交換した場合との価格差などを丁寧に分かりやすくご説明させていただきます。

2.トイレの修理、交換

蛇口の水漏れ修理に次いでご依頼が多いのがトイレの水漏れ修理です。
症状としては主に以下のようなものがあります。

(1)便器内にチョロチョロ水漏れ
トイレの水漏れでは定番の症状です。
タンク内の水が少しづつ便器内へ漏れ出してしまう症状で、水漏れの程度によって便器内にライトを当ててよく見ないと気づかないこともあります。
原因は排水弁やサイホン管の劣化、破損、ボールタップ不良によるオーバーフローなどがあります。
(2)タンクと便器の間からの水漏れ
洗浄時(流した時)にタンク下から床へと漏れ出す症状です。
パッキンの劣化や固定具の緩み、ディストリビューターの破損などが主な原因です。
こちらも漏れ出す量によっては気づくまでに時間がかかり、気づいた時には床が水浸しなんてことにもなりかねませんので注意が必要です。
(3)温水洗浄便座の水漏れ
トイレの中でも水漏れを起こしやすいのは温水洗浄便座です。
ノズルからの水漏れもそうですが、操作部の下から床へと水漏れするケースも多いです。
温水洗浄便座が水漏れした場合はショートによる火災などの懸念もあるため迅速な対処が必要です。
(4)便器と床の間の水漏れ
こちらも意外にご依頼の多い症状です。
一見、便器の下から漏れ出してきているように見えますが、その原因は上記の(2)や(3)のような水漏れであることもよくあります。
長期間放置するとクッションフロアのシミや床の腐食にも繋がりますので早めの対処が肝要です。

皆さんが水まわりの中で使えなくなって特に困るのはおそらくトイレです。
当店では、少しでも長く快適にご使用いただけるよう原因箇所の修理はもちろん、今後近い将来に発生しうるリスクがあれば必ずお客様にご説明しております。
また、修理の他にトイレのリフォームも承っております。
便器(タンク)のみの交換からクッションフロアやクロスの張替えもご相談ください。

3.排水器具や排水管の修理、交換

排水器具とは【排水口から排水管まで】の排水栓や排水トラップのことです。

排水トラップ修理風景

排水トラップ修理

排水管修繕工事

排水管修繕

蛇口やトイレと比べるとトラブルは少ないですが、水が流れる以上、水漏れを起こすことはあります。

当店では排水器具の他、排水管、排水マスの水漏れ修理に対応しております。
また、水漏れ修理ではありませんが排水つまり修理も承っております。
つまり修理についての詳細は【水まわりのつまり修理について】をご覧ください。

4.水道管(給水、給湯)の修理、交換

蛇口やトイレなどの設備機器へと繋がる水道管自体も経年劣化や破損によって水漏れが起こります。

凍結破裂した露出水道管

凍結破裂した露出水道管

水道メーターより2次側(宅地内側)は水道局ではなく所有者様の所有物となりますので、万が一の漏水時の修理責任も所有者様に発生します。

設備機器と違い厄介なのは水道管は埋設、隠蔽されていることです。
そのためご本人様は気づかずに水道局からの指摘によって初めて水漏れしていることが分かることも多いです。

そのような場合はまず水漏れの原因箇所をつきとめる漏水調査を行い、その後に修理、交換などの対応を行うことになります。

当店では漏水調査から水道管の修理、交換まで承っております。
アスファルト、コンクリート下の埋設管や、発見が困難な微小な漏水にも対応可能なトレーサーガス(混合ガス)を使用した特殊な漏水調査も行なっております。
漏水調査についての詳細は【漏水調査】ページをご覧ください。

水漏れをただ直すのではなく全体的な水道管の劣化状況やご使用年数によって最適な方法をご提案させていただきます。

5.水まわりの水漏れ修理まとめ

ご紹介したように1つの水道設備においても水漏れの原因は多数あり、対処方法もそれぞれ異なります。
また、対処方法が複数あるとすれば、それぞれのメリットやデメリット(リスク)が必ずあります。
簡単な修理であってもプロに依頼するメリットはそこにあると思います。

水漏れトラブルはいつ何時発生するか分かりませんし、急を要するケースも多くあります。
そのため当店では年中無休で緊急対応を行なっております。
状況によりすぐに対応が出来ないこともありますが、その場合は到着までの応急的な対処方法をご案内させていただくなどしています。

今回ご紹介したのは当店で承っている水漏れ修理の一部です。
水まわりのトラブルであれば全般対応しておりますので、水漏れやつまりでお困りの方はまずはお気軽にご相談ください。


さいたま市周辺エリアの水道修理はエスピーアールにお任せください!
出張サービス対応エリア

    フリーダイヤル・年中無休(営業時間 8:00~19:00)
    COMPANY

    ■店舗名:エスピーアール(SPR)

    ■代表者:鈴木 悠司

    ■定休日:年中無休

    ■営業時間:8:00〜19:00

    ■所在地:埼玉県さいたま市南区円正寺506-10